ロリ娘だと思っていた従妹を調教して淫乱娘にしてやった

動画を見たらポチッと評価をお願いします!
12345
読み込み中...

ゆっくり夏を過ごす為、1年ぶりに田舎に戻った俺を出迎えたのは日焼けで小麦色の従妹だった。「お帰りお兄ちゃん!一緒に色々遊ぼうね、お兄ちゃん!」俺と外で虫取りなんかして、もっと日焼けしようとか考えてるのかな?ってくらい、無邪気な発言をするロリ娘の従妹を余所に、俺は大きく成長した胸を見つめながら、何かが起こる予感に胸を膨らませるのであった。揺れる胸をにムラムラした俺は、早速従妹を散歩へ連れ出していた。程良く散歩した所で、目の前で無防備に揺れる従妹のお尻に手を出す。「きゃあ!ど、どうしたのお兄ちゃん!そんないきなりお尻を・・・ひゃん!はあぁ・・・ヘンな気持ちになってきちゃったよ、お兄ちゃん。お股ジンジンしちゃうの・・・。なんとかして・・」とロリ娘のくせしておねだりしてくる淫乱な所もある可愛らしい従妹だ。そんな従妹には俺のチンポを《ズボッ!》とプレゼント。「お兄ちゃんのチンポがぁ・・・マンコにズボズボしてぇ、きもちいのぉ!」って思いっきり感じまくっている。中出ししてしまった後にも「こんな気持ちいの、癖になっちゃうよぉ・・」と嘆く従妹はすっかりセックスにハマってしまったようだ。そこからは痴女にでもなったかのように、従妹から誘ってくるように。俺とのセックスしか知らない従妹を調教するのまとても容易く、縛ってみたり玩具を使ったり・・・色んな事をして従妹を調教していく。年の離れたロリ娘だと思っていたのに、こんなにエッチだなんて・・・。