【JKとエロ議員センセイ】お嬢様JKが親の命令で健気に処女喪失

動画を見たらポチッと評価をお願いします!
12345
読み込み中...

【JKとエロ議員センセイ】
親の命令があれば、お姉ちゃんが大人の男に体を捧げに行く。
しかし今回だけは都合が合わず、初めて二流議員先生の元へと向かった初音。
良いお家柄の初音は、品もあり言葉遣いも申し分ない。
急いでいたのか学校帰りのまま制服姿でやって来たのも、オジサンとしては嬉しいポイントだ。
すぐに初音に惚れてしまった二流議員先生は、隣の和室に敷かれている布団へと初音を導いていくのだ…。
「先生に・・・わたくしの大事な所が・・・」
処女という事も相まって、恥じらいを見せてくれる初音がとても愛おしく感じる二流議員先生。
初音の黒パンストをぎったぎたに破ってまで初音が欲しいようだ。
初音の大事な処女を貰おうと、初音のアソコに大人ちんぽをぶち込んでいくのだ…

【JKとエロ議員センセイ】