トイレのドアの隙間から憧れの先輩のセックスを覗き見してしまう

動画を見たらポチッと評価をお願いします!
12345
読み込み中...

大好きな憧れの先輩が輩みたいな男とデキていた。俺からすればお似合いなんてもんじゃないが、気の弱い俺は何も出来ずにいるんだ。ある日の飲み会でトイレで用を済まそうとしていた最中、先輩と男が突然入って来たかと思えば「酒飲んでたらなんか急にヤリたくなっちまったからよ、とりあえず脱げ」と乱暴に指示する男の声がトイレのドア越しに聞こえてきた。先輩は男に従うしかなく服を脱いでいく。そして急に先輩のナカへ挿っていく男のチンチン。「おいおい、嫌がってる割にはおマンコドロドロに濡らしてんじゃねえかよ」と男は腰を振りながら先輩にひどい言葉をかけていく。先輩の喘ぎ声をこんな形で聞くことになるなんて・・・。トイレのドアの隙間から覗く事しか出来ない俺は、とても弱っちい人間だが覗きと分かっていても先輩のあられもない姿を見逃さずにはいられない。男はたっぷりと中出しし、コトが終わると俺に気付いていた男に「お前は想像してオナニーでもしてな!」と一蹴りされるも、それでも動く事の出来ない俺・・・。今後、男に捨てられた先輩が俺にすがってくるなんて、そして俺がセックスでこんなにも変わってしまうなんて今は思いもしなかった・・・。