【ロリ】夏色蜜汗~えっちな少女としたたる匂い【先生】

動画を見たらポチッと評価をお願いします!
12345
読み込み中...

【夏色蜜汗~えっちな少女としたたる匂い】
10年ぶりに帰省した場所の記憶はほぼない。そしてこの町で誰にも会わないのがとても不思議だ。
そんな町でブラブラしていると、ある学校にたどり着いた。
ふと見てみると。校庭の木の陰でひと眠りしているロリ少女がいた。
声をかけてみると突然起きてしまった少女。
「あ、先生。先生だっ!」
先生でもないのにそう言われてしまい戸惑っていると、学校の宿直室へと連れて行かれた主人公。
どうやら汗をかいたので着替えたかったらしい。大きなTシャツを着た少女は、なんだかエロい雰囲気を纏ったようだった…
「んふふ~、先生、エッチな目になってる~」
先生ではないのだが…そんな少女とのひと夏の過ちを犯してもいいのかもしれない…
未発達の貧乳&日焼けした褐色ロリ少女との2人きりの夏を―
【夏色蜜汗~えっちな少女としたたる匂い】